天声人語で国語力をアップ

天声人語を読み直すのに、新聞の切り抜きや書き写しノートを持ち歩くのが面倒なので、ブログにアップしています。

狭き門〜女子プロゴルファーの旅生活

天声人語 2019/8/18より

 

スポーツは旅だと、しみじみ思うことがある。2週間前にゴルフの全英女子オープンで優勝した渋野日向子選手は、息つく間もなく先週は北海道、この週は長野・軽井沢でグリーンと格闘している▼国内の女子ツアーは季節を追って列島を縦断し、この時期は避暑地を巡る。選手は一年の6、7割をホテルで暮らすことになる。多くは宿泊や交通の手配から洗濯まで、一人でこなしながら移動する▼プロになれるのは毎年20人ほどで合格率数%の狭き門だ。テストをくぐりぬけても、年間を通して出場が保障されるシード選手は全体で約50人。気が遠くなりそうなピラミッドを登った先に旅生活がある▼興味深いのは近年の男女の逆転現象だ。 女子の大会は人気が高く、今季は39まで増えた。男子はピークの半分近い25にとどまる。女子はアマ選手の出場制限をなくすなど、協会をあげて若手の発掘と育成に力を注ぐ。一方でツアーの仕組みや税金、礼儀作法まで研修をして社会人教育に取り組む。地に足がついた積み重ねが背景にある▼日本の女子ゴルフの歴史は半世紀に及ぶ。プロ1期生の樋口久子さんが77年に全米女子プロで勝ち、岡本綾子さんが米賞金女王で続いたが、層が薄かった。樋口さんが会長に就いて改革が進み、宮里藍さんらが育った。その活躍に刺激されたのが二十歳の渋野選手の世代である▼歩んだ道のりには山も谷もあり、 今後も曲折は待っているに違いない。それでも、旅を共にする同志は確実に増えている。

 

LPGA公式女子プロゴルフ選手名鑑